こんにちは!FunLogyの木村です。

当社の5.1chのスピーカー FUN LIVEとプロジェクターで映画を楽しんでみたところ、やはり臨場感が段違いで驚いています。

重低音が響くので、プロジェクターの大画面の映像がより楽しめます。

 

さて、FUN LIVEを使っていてふと思いついたのが、FUN LIVEのサウンドバーのHDMI出力端子と、FUN  MUSICのHDMI入力端子を接続してスピーカー2台にできるのでは?ということ。

 

出力端子のあるスピーカーで、接続するスピーカーの入力端子と合えば、小さいスピーカーの数珠つなぎにも対応できるのでは…と考えました。

 

あいにくFUN LIVEとFUN MUSICにはイヤホン出力端子がないので、今回はHDMI端子の接続で実験です。

 

今回用意したのはiPhone、当社販売のHDMI変換ケーブル、FUN MUSICとFUN LIVEのサウンドバーです。

iPhoneに接続した変換ケーブルをHDMI1へ、HDMI OUT TO TV端子からもう一つのスピーカーのHDMI1へ接続しました。

※iPhoneのイヤホンジャックから3.5mmオーディオケーブルで接続して、HDMI端子で出力することは、HDMIとAUXの回路が異なるため、音声の出力ができません。

 

どちらのスピーカーも入力切替をHDMIに変更します。

iPhoneでamazon musicを再生すると、どちらのスピーカーからも音声が出力されました!

 

音量はそれぞれのスピーカーで調整ができました。

 

スピーカーによってできる、できないはあるかと思いますが、出力の小さいスピーカーをパワーアップすることができるかもしれません。

ちなみに、FUN MUSICは出力100Wなのでこれ1本でも満足できると思います。

 

ご自宅のテレビにスピーカーを接続するだけで、音の満足度は違ってきますので、ぜひ迫力のある音を楽しんでください。


こんにちは!プロジェクター専門店FunLogy 木村です。

 

動画を観ながら、パソコンで作業したいなと思うことはないでしょうか。

下の画像のように2画面にすることもできますが、できれば全画面表示で観たい…

また、パソコンの画面でプロジェクターに出した画面を確認しながら作業をしたいなどなど。

そこで、今回はプロジェクターをパソコンのデュアルディスプレイとして使う方法を紹介します。

よくパソコンと接続しても画面が映らないというお問い合わせもいただくので、ご参考ください。

 

今回はパソコン画面を【拡張】にして利用しました。拡張はパソコンのデスクトップ画面が広がるイメージです。ちなみに【複製】にすると、パソコンの画面がそのまま投影されます。

 

設定の画面はWindowsキーとPを同時に押すと出てきます。

詳細設定をするには上記の設定で拡張にしたあとデスクトップの何もないところで、右クリックをすると下のような画面が出てくるのでディスプレイ設定を選択すると設定ができます。

※Windows10の画面になります。

※ディスプレイ1がパソコン、ディスプレイ2がプロジェクターです。

位置など変更可能です。

あとはプロジェクターのトップ画面からHDMIを選択するだけです。

万が一投影できないなどあれば、上記の詳細設定で解像度の変更などもお試しください。

今回はパソコンの画面で作業しながら、プロジェクター側にYouTubeを投影してみました。

上記の配置だと、パソコンの右側にYouTubeのウィンドウをドラッグすると、プロジェクターでYouTubeが投影できます。

ちなみに、パソコンの接続時は下記のスピーカー設定をするとパソコン側で音量の調節ができます。

プロジェクターによってはYouTubeをインストールできるものもありますが、パソコン側で動画の選択や音量調節の操作ができるので、意外に便利でした。

パソコンとの接続は、仕事のプレゼンの時だけでなく、一般のご家庭でも便利に使えるかと思いますので、是非使ってみてくださいね。


こんにちは!プロジェクター専門店FunLogy 木村です。

 

年末が近付いてきましたね。今年の年末はどのようにお過ごしの予定でしょうか。

久しぶりに親戚一同が集まったり、家でゆっくり過ごされる方も多いかもしれません。

 

年末からお正月にかけて、特番などの放送が目白押しです。映画もよいですが、テレビ番組を大きな画面で視聴するのもよいですね。

そこで、今回は当店にもよくお問い合わせのあるテレビ番組をプロジェクターで視聴する方法をご案内いたします。

 

よくテレビから直接接続できますか?というお問い合わせをいただくのですが、テレビのHDMI端子は出力に対応していないものが一般的です。

そのため、HDMI出力端子のあるテレビチューナーやDVDレコーダーをご利用ください。

※機種によってはAVケーブルで接続できるものもございます。

 

1.テレビチューナーやDVDレコーダーのHDMI出力端子からHDMIケーブルでプロジェクターと接続します。

 

2.プロジェクターの入力切替をHDMIに切り替えます。

 

手順は上記のように簡単です。

 

また、接続してもプロジェクターから音が出ない、特定のDVDを再生すると音が出ないというお問い合わせもよくいただきます。

こちらはDVDレコーダーの音声出力設定やディスクの再生メニューの音声設定が必要なことがありますので、ご確認くださいね。

 

【接続しても音が出ない場合】

  • 音声出力をデジタル音声出力に変更
  • デジタル音声出力をPCMに変更
  • Dolby Digital 変換をオフに変更

をお試しください。

※上記いずれか一つの設定の場合もあります。

※詳しくはDVDレコーダーの取扱説明書を参照してください。

 

【特定のDVDを再生すると音が出ない場合】

DVDの再生メニュー(字幕などを設定する部分)の音声をステレオに変更してください。

 

ちなみに、上記と同じ方法でプレイステーションや、任天堂スイッチなどのゲーム機を接続して大画面でゲームを楽しむこともできます。

画像は任天堂スイッチを映した様子です。

(利用機種:FUN PLAY2)

 

今回投影に利用したFUN PLAY2は約1.2kgと軽く持ち運びがしやすいので、手軽にお部屋を移動できます。

家族で観たいテレビ番組が違ったり、他の家族がテレビを観ているからゲームができなかったりといった場面で活用できるかと思います。

 

今回はよくあるお問い合わせのプロジェクターでテレビ番組を観たり、ゲームを投影する方法について紹介しました。

是非、大画面でテレビ番組やゲームを楽しんでみてくださいね。


こんにちは!プロジェクター専門店FunLogy 木村です。

 

プロジェクターで動画や映画を楽しんでいるときにペットがプロジェクターの前を横切って大事な場面なのに…となったことはないでしょうか。

私の愛猫もなぜかプロジェクターで投影すると、プロジェクター前に割り込み、投影画像に映り込んでしまうことがよくあります。

プロジェクターの光は強いので猫の目のことも心配になってしまいます。

そんな時に便利なのが超短焦点プロジェクターです。今回は当店の超短焦点プロジェクター Funtastic airを実際に使ってみて感じた良い点をご紹介したいと思います。

 

超短焦点プロジェクターの特徴は投影距離が短いところにあります。一般的なプロジェクターだとある程度、投影面からの距離が必要になりますが、壁にぴったりの距離から投影ができます。

当社の製品比になりますが同じ60インチの投影でも2m程度必要なのに対し、Funtastic airであれば0cmです。

今のところ、愛猫もFuntastic airのレンズ前を通ることはなく映画を楽しめております。

 

また本体もとてもコンパクトなので、持ち運びがしやすく省スペースになっています。マンション暮らしで設置場所を確保するのが難しいので、助かっています。

もちろん、一般家庭でなくても小さい会議室など、ビジネスシーンでも活用できるかと思います。

 

また、本体にOSが内蔵されているので、本体ひとつでAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを楽しむこともできます。

テレビにFire Stickを付けていて、使う度に取り外すのが面倒だったのですが、Funtastic airであれば手間なしで観たいときに大画面で映画を楽しめて便利です。

 

ここまで超短焦点プロジェクターのメリットをご紹介しましたが、デメリットもあります。

投影面の歪みが強く映像に影響するところです。完全な平面でないとどうしても歪みが気になってしまいます。超短焦点プロジェクターの投影には、専用のスクリーンのご利用をおすすめします。

 

今回はFuntastic airのメリット、デメリットを紹介しました。

 

次回も「撮る・観る・聞くを楽しむ」プロジェクター・スピーカー専門店として、随時情報を発信してまいります。